エンリルと13月の少年

アーティスト感傷ベクトル
作詞田口囁一
作曲田口囁一
朝のホームを人混みに紛れて
慣れたフォームで流されてゆく
そんな風にさ また少し染まっては
モノクロの一部に変わった

街ゆく人それぞれに宿した
理由なんて知るすべもなくて
だけど僕らはきっと同じなんだろう
いつしか もう立ち止まれない

嵐のような日々の忙しさに軋む
心をあやすように

少しでも遠くへ 遠くへ
向かい風に俯きながら
それでも遠くへ 遠くへ
僕ら光を探してる

空の才能
剥き出しのプライドを傷つけた
継ぎ接ぎの夢
臆病にかざしてみるたびに
凝りもせずまたバラバラになって

ビル越しに見た空は遠く影を落とす
じき雨が降るだろう

僕はただ遠くへ 遠くへ
響く声を手に入れたくて
細い体を雨に濡らし
歩き続けている

嵐の向こうに果てがあるなら教えてよ
渦巻く雲間に光を祈る僕らは 独り

遠くへ 痛む足を引きずりながら
遠くへ 果てなんてなくても

遠くへ 遠くへ
向かい風に俯きながら
それでも遠くへ 遠くへ
僕ら光を探してる

嵐の向こうに果てはなくても変わらない
雲が切れるまで光を祈り僕らは行こう

50音・ABC検索


  • このエントリーをはてなブックマークに追加