Q.E.D.

アーティスト逆巻ライト (CV:平川大輔)
作詞岩崎大介
作曲MIKOTO
時が過ぎれば、過ぎるほど、劣化(あせ)ていく
Love dies only when growth stops
何もかもが顕(あらわ)になったなら、
あの日の熱量(おもい)が軽くなる?

きっと、命は尽きるだろう だとしても、
この血は 継がれてく そんな淡い希望を抱き、
その身体(なか)へ放った結晶(あい)は
「・・・・・・―――意味がない」

嗚呼 時が過ぎれば、
なんだって、代謝(いれかわ)るとしても
君を愛した証明が、何もないなんて

「・・・・・・・・・言いたくないから」

どうせ、終わるんだから?
いつか、何もかも消える?
だから「今」を騙さずに、粘着(ネ)ばつく想いで
吸血(す)い続けるのさ「永延」と伸ばし続けた、
「永遠」が欲しいというなら
今、証(あか)すよ 君との
Q.
E.
D.―――・・・・・・・・・・・・!!!!!

死期が近づき、迫るほど 確信(み)えてくる
there is always light behind
誰もかもが、誰かに祈っている、
あの陽の残量(のこり)は僅かだね?

そっと、願いを捨てたとして だとしても
唇、重ねてる どこか残酷(あま)い時間は過ぎて。
この心(なか)に残った結晶(あい)は
「・・・・・・―――価値がない」

ねぇ―――・・・・・・・・・夢を見ようよ?
病んだって、見えざる日々がある
ふたり生きた証明が、紅く染まるなら

「・・・・・・・・・赦してよ」

未来(あす)を、描いた音色 いつも、耳元で割れて
裂けた鼓膜(まく)に残された、冉(あや)うい願いを
囁(ささや)き続けて「永延」と伸ばし続けた、
「永遠」が欲しいというなら
今、証(あか)すよ君との
Q.
E.
D.―――・・・・・・・・・・・・!!!!!

50音・ABC検索


  • このエントリーをはてなブックマークに追加