観覧車と白昼夢

アーティストNem feat.鏡音リン
作詞Nem
作曲Nem
ほら扉開いて 怖がらないでいいよ
この街一番の 眺めを見せたげる

ゆらゆら揺られて 鳥カゴは昇る
いつかあの星に 届くだろうか

午後9時の景色 サイリウムが踊る
気持ちいいけど まだ足りないよ
バレちゃいけないから 身を隠しておいて
こんな高度で 落ち着く僕じゃないんだ

足が竦んだって 歯車は止まらない
飛び降りたら最後 一緒にバラバラさ

ゆらゆら揺られて 鳥カゴは昇る
行き着く先なら 理解ってるさ

午前0時過ぎ 全てを手に入れる
美しいだろう 美しいたろう
そんな悲しい表情しないで笑ってよ
これを君に 君に見せたかったのに

ああ 全部 全部 全部
夢のよう 夢なんだろう?

午前3時には 街の灯りも消え
闇にそっと 墜ちて行くんだ

新しい朝に 君は扉を開け
僕をおいて 歩き出すよ
ろくに手も握ってあげられなかったね
こんな奴の 側に居てくれてありがとう
さようなら

50音・ABC検索


  • このエントリーをはてなブックマークに追加