零と弌の鍵の唄 (Long Version)

アーティストred glasses feat.秋成
作詞ゆーじ
作曲ゆーじ
定められた調性(せかい)四度積みされた協和音が 狂いだす
理論書にはない 新しい音階(スケール)が 見つからなくて

重ね合わせた音と音が 不協和音を鳴らし 崩れていく
終焉(コーダ)に向かっていく 記号を 見つけ出して

抗うことの出来ない楽典(ルール)の中で
本当の音 生み出せる?

正しい音列(ことば)なんて伝わんない
伝えるなら この指が
いっそ砕け散るほどの 打鍵で世界を鳴らすんだ

煩わしい練習曲(エチュード)
なんかやめて心鳴らして
僕がここにいることを 今 音に乗せて 叫ぶ

零と弌を交互に並べて生み出す八十八の鍵
指先で弾(はじ)き紡いで奏でて

白と黒の色を身に纏い 踊り続ける

悲しい音列(ことば)なんて
所詮ココロのミスタッチ
4つ鼓動を刻んで 迷わずに鍵を選んで

躊躇わないで 響く心の鳴らす音
ありのままの自分で
泣け 叫べ 叩け 止まらずに

うっとおしい残響(リバーブ)
なんか捨てて心鳴らして
間違いなんかない 自分だけの音を鳴らすよ

自分だけの音を鳴らすよ

50音・ABC検索


  • このエントリーをはてなブックマークに追加