魔法使いの猿達へ

アーティストバズマザーズ
作詞山田亮一
作曲山田亮一
宵連れを求める様に、昔話を撒き散らす夜は
口ずさむどの唄も 不誠実な程、意味を変えるよ

頭かち割り逆さに振りゃ、どんな怪物が拝めるだろう?

「誰も孤独」と嘲笑う自分が浅ましくて、下らなくて、泣きたくなる
只、歳月に溶ける夢の様に、この空が記憶ごと赤く染めちまうみたいで、想い出す 魔法使いの猿の事

容易に逢える距離に居て、おそらく二度と逢わない人達
ふらつく俺の方を見て 笑みを浮かべ手を振ってくれた

白日夢だと知りながら、見失うまで追いすがるのさ

かつての唄を欲しがる人に、取り澄ます事さえも出来なくなる
でも、胸に溢れる言葉はもう 切り開くため振るうよ 傷付けるためじゃなくて だから云うよ、「悪いけど、人違いさ」

今日はもう眠ってしまおう、過去など忘れてしまう様
夜はもう終わってしまうよ、声はもう掠れてしまうよ

後ろには君らと壊した壁の破片、とそれを拾う人達
ポケットは穴だらけでいるよ 旅立つ為の愚かさを、唄うよ 愛を、唄うよ

「誰も孤独」と嘲笑う自分が、浅ましくて、下らなくて、泣きたくなる
それでも転がり続けて行くさ 懐古心はいつに増して名残雨に濡れるが、もう手を離すよ、
何処へだって飛んで行けよ、気紛れには想い出せよ
魔法使いの猿達へ唄うよ、愛を、光を

50音・ABC検索


  • このエントリーをはてなブックマークに追加