アーティスト文菜
作詞文菜
作曲文菜
貴方の笑顔が、怖い時がある。
誰もが、真意を隠して生きてるでしょう?

貴方は気安く、「全てを話して」と言う。
そんなに簡単じゃないのよ、私には。

自分を守る為嘘を重ねる度、
心の在処が解らなくなるのよ。

掌で 私を撫でて微笑むその眼差しを
信じても、いいですか?
これ以上 踏み込まないでと茨で囲んだ胸を
ためらわず、貴方は抱くから。

私を置いて、軽やかに時は過ぎる。
誰もが、当然の様に歩き出すけれど。

全てを疑ってもたもたしていたら、
貴方さえ見失ってしまいそうで、怖いの。

「守りたい」と 呟いたきり閉ざしたその唇を
信じても、いいですか?
これ以上 傷つけないでと茨で塞いだ心
血まみれで、貴方は触れるから。

何が正しくて、間違っているかなんて、
本当はどうでもいい。
偽りのない温もりを、愛を、信頼を、貴方に求めて
墜ちてみたい。

掌で 私を撫でて微笑むその眼差しを
信じても、いいですか?
これ以上 踏み込まないでと茨で囲んだ胸を
ためらわず、貴方は抱くから。

50音・ABC検索


  • このエントリーをはてなブックマークに追加