君がくれた夏

アーティスト奥華子
作詞奥華子
作曲奥華子
変わる季節を追いかけていた
桜色の君に会いたい

この街で生まれて この場所で育って
そして君と出会えたから
「運命」って言葉 たぶん そう
はじめて 僕の頭の中 浮かんでるよ

夏の夕暮れに 君の横顔が
眩しすぎて良く見えなかった
触れてしまいそうな 2つの手をそっと
僕は何度も しまいこんでいた

放課後 自転車で君と走っていた
この道が どこまでも続いてくような気がした

忘れないよ ここにあった
不器用な やさしさも 君の笑顔も
アリガトウって叫んでいた
みんなで 青い春の日

何でもない場所が 特別になるって
全部それは 君の仕業だね

広いただのグラウンドも 見飽きたブドウ畑も
あの日から 輝いてるよ

河川敷 並んで 見上げた花火が
僕らの明日を 教えてくれてる気がした

終わらないよ 君がくれた
こんなにも 人を好きになれる気持ち
また会おうって 叫んでいた あの夏 永遠の夏

忘れないよ ここにあった
笑い声 悔し涙 君の姿
アリガトウって 叫んでいた 夏の日 永遠に

忘れないよ 君がくれた
青い空 8月の熱い太陽
また会えるよ 笑顔でさよなら
あしたになれば

50音・ABC検索


  • このエントリーをはてなブックマークに追加