朝焼けアパート

アーティスト大柴広己
作詞Hiroki Oshiba
作曲Hiroki Oshiba
思い出さないか? しょうもないこと話したなぁ
狭いワンルームアパートで ビール片手に 朝まで
あほなやつばかり 大事なやつばかり
夢と女と 音楽で 騒いだ あの頃

僕らがすごした あの場所はもうどこにもない
現実と夢は 思いっきり 違うけど

さびしいとき、つらいとき いつも 思い出すあの部屋
「お前らしくないよ」そんな風に 僕を笑うのさ

「いつでも会えるさ」 そんな強がりで
二度と会えない道を 僕ら歩き始める
朝焼けが包む 始発が走る音
寝ぼけた顔の 天使さ みんな さよなら

僕らがすごした あの場所はもうどこにもない
だけどあの日見た朝焼けが 離れない

さびしいとき、つらいとき いつも思い出すあの部屋
「元気だしなよ」そんな風に 僕を笑うのさ

さびしいとき、つらいとき いつも思い出すあの部屋
「電話してこいよ」そんな風に 僕を笑うのさ

50音・ABC検索


  • このエントリーをはてなブックマークに追加