親愛なる母へ

アーティストBLANKEY JET CITY
作詞KENICHI ASAI
作曲KENICHI ASAI
甘いブルーのダンプカーが走る去る 僕にはそれがCANDYに見えた
ほんの少しの迷いもなく とれていたのさ 左目の奥で
エンジンがうなり黒い煙を吐く
バス停の前で 僕は草をちぎった

親愛なる母へ僕は今は迷っています生きるべきか死ぬべきなのか
あなたはきっとそんな僕を見て微笑んでくれる
綺麗な洋服を着てずっと前のように 白黒の写真に映った青空の中で

もう二度とここへは帰れない気がするから おまえのその胸に小さなキズをつけよう
広がる真夏の草原を真すぐに突き抜けてゆく
細い道で拾った この綺麗な石で

かわいい顔した小さな女の子 君のママはきっとすてきな靴を買ってくれる
そうさ毎日ずっといい子で 過ごしていたら
あまりにもひどいホテルのベッドの上
街のネオンが 僕を灰色に染める

もう二度とここへは帰れない気がするから
おまえのその胸に小さなキズをつけよう
広がる真夏の草原を真すぐに 突き抜けてゆく

細い道で拾った この綺麗な石で

50音・ABC検索


  • このエントリーをはてなブックマークに追加