空色のフォトグラフ

アーティスト石川ひとみ
作詞三浦徳子
作曲馬飼野康二
友達同士でいた方が
良かったのでしょうか
タラップかけ昇るあの人の
影が小さくなるわ

見送る人波にもまれて
マフラーをはずします
ジェットの窓からは見えないと
わかっても手をふるのよ

愛は(愛は)
不思議(不思議)
別れの時にくっきり
姿(姿)
見せる(見せる)
涙 誘うように・・・・・・
愛は(愛は)
まるで(まるで)
空色のフォトグラフね
姿(姿)
見せる(見せる)
風の中から急に・・・・・・

逢えない月日が増す度に
本当の愛になる
今だけ信じるわ その言葉
ほほえんでいたいから・・・・・・

逢えない月日が増す度に
忘れてしまうもの
子供の夢の中のお遊び
今日で卒業するわ

愛は(愛は)
不思議(不思議)
別れの時にくっきり
姿(姿)
見せる(見せる)
涙 誘うように・・・・・・
愛は(愛は)
まるで(まるで)
空色のフォトグラフね
姿(姿)
見せる(見せる)
風の中から急に・・・・・・

ラララ・・・・・・・・・

50音・ABC検索


  • このエントリーをはてなブックマークに追加