たそがれの恋

アーティスト西田佐知子
作詞水木かおる
作曲藤原秀行
汽笛の音が 窓ごしに
ものうくひびく 港のホテル
男と女の仲なんて
なるようにしか ならないわ
いいの 今さら どうでもいいの
もう 恋なんて

タバコの灰が 足もとに
ぽとりと落ちた 港のホテル
ひとりで悩んで苦しんで

なんだかとても 疲れたわ
何をするのも めんどくさくて
もう いやなのよ

海から吹いて くる風も
日暮れにやんだ 港のホテル
ミモザの匂いに包まれて
このままそっと 眠りたい
いっそ明日が 来なけりゃいいの
もう いつまでも

50音・ABC検索


  • このエントリーをはてなブックマークに追加