623

アーティストカクマクシャカ
作詞カクマクシャカ
作曲Fragment (術ノ穴)
過ぎて行く 夏の思い出 昼間 泳いで 夜 カキ氷 いつも通り
街並み喧騒 見飽きた幻想 掻き消す蝉 Loopの上に
乗る喜怒哀楽 惜しむも返らぬ 全ての暮らし 瞬く 駆け足
影と光 愛情 痛み 憎しむための命など無い

オジー、オバーが物語 伝えたかったことは何
あの頃 子供 素直な心 戦は何故に 皆 幸せに
大人になった 言葉に穴 海を埋めたら塞げるかな
4分の一が死んだ島 今も戦前とまるで違う

苛立ち 轍 BEATに載せる 島クトゥバ使えぬ 誰のせい?
南は楽園 暮らし 甘くねぇ 見慣れた景色 誰かのレシピ
観光産業 埋もれてゆく珊瑚 隣国は脅威 交渉は強引
軋んでく平和 人類のテーマ 繋がった歴史 株価も激震

仕方ないのか したくないのか 口癖 または 国のせい
被害者は国民 また残酷に 無罪となる米兵 国旗に敬礼
並んだ二枚 その下に今いる 夕暮れは真っ赤 立ち尽くす また
口先だけの政治なら空虚 犠牲の上での憲法9条

(Hook)
誰も憎まない 笑い飛ばせ 生きてさえいれば明日がくる
辛い今もただ 過去になってく 子供みたいに笑っていたい
誰も憎まない 笑い飛ばせ 生きてさえいれは明日がくる
過ぎ去る日々は 幻みたい まだ この場所で笑っていたい

暴力は決してなくならない だからと弱者に押し付けない
沖縄 普通 内地じゃ苦痛 二項対立 とても退屈
平和と呼ぶか 開いてく文化 人は自由さ 選べ 自分が
悲しみ無い地は何処にも無くて 一つになれる日を 夢見てる

だけども 言葉も 愚かでに脆く いつになったら 指先は届く
憎しむため命など無くて 今日もいつもの日常が在って
オジー、オバーがいなくってく 無くならないのは 兵器や銃
俺の命も消えてしまう だが言わせてもらう この自由で

(Hook)
誰も憎まない 笑い飛ばせ 生きてさえいれば明日がくる
辛い今もただ 過去になってく 子供みたいに笑っていたい
誰も憎まない 笑い飛ばせ 生きてさえいれは明日がくる
過ぎ去る日々は 幻みたい まだ この場所で笑っていたい

50音・ABC検索


  • このエントリーをはてなブックマークに追加