たいせつなきみのために ぼくにできるいちばんのこと

アーティストDuca
作詞玉沢円
作曲内藤侑史 (BAL), 山田屋カズ (BAL)
たいせつなきみのために ぼくにできるいちばんのことは
何だろう? 僕はいつもいつもいつも考えてた
泣きたいほどの夕焼け空 朱く染まった君の笑顔
僕は手を伸ばして だけどそれは泡のように はじけて消えた

雨上がりのブランコ アジサイの小径 石畳の坂道きらめく雨滴
水たまり飛び越えてはしゃいでた木漏れ日の中で
過ぎ去った遠い日の優しい記憶

たいせつなきみのために ぼくにできるいちばんのことは
どこだろう? 隠れてるの? 忍んでるの? 潜んでるの?
あの日の夢あの日の願い 君の歌ったあのメロディ
僕は耳すませて だけどそれは風に吹かれ霞んで消えた

優しい風吹いてた あのポプラ並木 茜色の夕焼け燃える西の空
影法師追いかけて駆けていく幼い二人の
黄昏の 中に見た あの日の記憶
<まどろみの><泡沫の>

たいせつなきみのために ぼくにできるいちばんのことは
約束を忘れること君への想い消し去ること
沈む夕日暮れてく空 夜の帳舞い降りる頃
僕は目を閉じて それは闇に溶けるように 滲んで消えた

未来(あした)なんていらないよ
君が側にいる過去(きのう)のままで

たいせつなきみのために ぼくにできるいちばんのことは
何だろう? 僕はいつもいつもいつも考えてた
泣きたいほどの夕焼け空 朱く染まった君の笑顔
僕は手を伸ばして だけどそれは泡のように はじけて消えた

50音・ABC検索


  • このエントリーをはてなブックマークに追加