花のちるまで

アーティスト中村壮一
作詞中村壮一
作曲中村壮一
赤い花の花びらに雨の雫か濡れた
君は傘がさしながら しゃがんでそれを見てる
土は雨の水を吸って 土の匂いがしてる
君の傘の模様から 滴る水を吸って

この花がちってゆくまで なるべくでかけよう

雨にうたれた花びらがゆれる ゆれる ゆれる

君のその髪の毛が湿って広がってる
少しだけ振り向いて 笑ってみせる
帰り道もできれば花がたくさん咲いてる
道をえらんでゆこう 君によく似合ってる

立ち尽くして木々の匂いと 緑にかこまれよう

帰り道も花が咲いてる道を帰ろう

50音・ABC検索


  • このエントリーをはてなブックマークに追加