ぶらんこ乗り

アーティスト吉澤嘉代子
作詞吉澤嘉代子
作曲吉澤嘉代子
やまなみが縁を赤らませて 夕日を抱いているころ 出掛けてゆくの
天鵞絨のどんちょうがあがれば 花火と銃声を合図にサーカスがはじまるのでしょう

軋んだロープに身をゆだねて 小屋のとばりに波打つぶらんこの影
鳴り響くドラムロール音に ふるえる肩を静めて
ぶらんこをしならせて ぎゅっと手をひきよせた

手を繋いではまたはぐれて 繰りかえしめぐり逢う星回りなの
とこしえに続く ぶらんこ乗り

ちぎれそうになる手を握りなおす間に 振り子は遠ざかって消えた
名前を忘れたって形を変えて ふたたび出逢うのでしょう
今は しばしのさらば

手を繋いではまたはぐれて 繰りかえしめぐり逢う星回りなの

三日月のぶらんこにゆられて あと少し手を伸ばせば指先がふれそう
星屑のどんちょうがあがれば 花火と流星を合図にサーカスがはじまるのでしょう

50音・ABC検索


  • このエントリーをはてなブックマークに追加