Stigmata

アーティストCeui
作詞Ceui
作曲Ceui
溢れ出した涙も
眩しいだけの光も
無力な自分には為す術もなくて
羽ばたく鳥の影を
一人でそっと見送った
遠い空の向こうへ

胸に鍵掛けた
遥かな懐かしい日々
その温もり笑顔が
甦る・・・

わたしがここにいる
証を見せて
閉ざされた仄き孤洞の世界で
冥闇(やみ)の何処かに希望はあるの?
背中合わせの幻(ゆめ)でもいいから
ふれたいよ・・・

動き出した運命(さだめ)は
螺旋を描きながら
まだ見ぬ未来という坂を
駆ける
進んでみようもう少し
後ろは振り向かないで
この心が眠れるまで

知らず傷つけた
愚かで無邪気な罪を
抱えながら誰もが
生きてゆくの・・・?

「いつでも、そばにいる」
言ってほしくて
叫び続けたよ 流漂の彼方で
時を重ねてきっと出逢える
絆を擁いて明日へと今
向かうよ

優しくなりたい・・・
強くなりたい・・・
この身に架ける切なさを壊して

君も何処かで泣いているの?
腕を伸ばして一緒に行こう
わたしが守るよ

50音・ABC検索


  • このエントリーをはてなブックマークに追加