少女

アーティスト村下孝蔵
作詞村下孝蔵
作曲村下孝蔵
白い壁を染めて 草笛が 響く丘
菜の花と そして夕月
切れた鼻緒 帰り道の少女が一人
灯りが 恋しくて 震えてた

かすりの着物 おさげ髪には
飾りなど ありません
服をきせかえても 人形は
言葉など 知りません

ふり向いて 僕を見つけ
うれしそうに 微笑んだ
名も知らぬ あどけない 少女よ

青いホタル 今も甘い水を 探して
見つけられず 迷い込んだ
セロハン越し のぞいて見ていた 大きな空に
まだ 星は 輝いていますか

遠くへ 飛ばそうと 紙風船
たたいたら 割れました
大人になっても 夕立ちに
ふられてばかりいます

あはれ 恋も知らないで
まつげ ぬらした 少女は
悲しき 夕焼けの まぼろしか

ふり向いて 右手を振り
うれしそうに 微笑んだ
いつか見た 僕だけの 少女よ

50音・ABC検索


  • このエントリーをはてなブックマークに追加