手鎖の月

アーティストLUHICA
作詞秋元康
作曲川浦正大
月が見えない夜だから
余計寂しくなるのでしょう
声を殺して風が泣いてる
遠くさめざめと・・・

他人(ひと)に言えない恋だから
いっそ辺りは闇がいい
部屋の灯りを消しているのは
心を読まれたくないから

夢なら醒めるのに
確かにそこにいる
あなたのすぐそばで
ずっと気づかれないで・・・
手鎖されたまま
身動き取れぬまま
いくつの朝を待ち
涙 流したでしょう
私だけの身勝手な愛

もしも伝えてしまったら
きっと誰かを傷つける
聞き分けがいい振りをするほど
私が私ではなくなる

夢なら醒めるのに
確かにそこにいる
あなたのすぐそばで
ずっと気づかれないで・・・
手鎖されたまま
身動き取れぬまま
いくつの朝を待ち
涙 流したでしょう
私だけの身勝手な愛

夢より儚(はかな)くて
恋より切なくて
息もできないくらい
いつか忘れる日まで
あなたのそのすべて
しぐさも表情も
いくつの夜を越え
月は欠けるのでしょう
消えやしない手鎖の月

50音・ABC検索


  • このエントリーをはてなブックマークに追加