ビニール傘 ~それぞれの雨のち晴れ~

アーティストMinxZone
作詞MinxZone
作曲MinxZone
この雨がもうちょっと小降りになったら行くね
想い出がちらかったこの部屋ももうすぐお別れだね

1本しかないビニール傘には小さな穴が開いてて
「早く買おうよ」「いやまだ大丈夫だよ」言い合いも懐かしさに変わってく

今更初めて見せる表情ちょっと反則だなぁ
溢れそうになる「戻ろっか」って言葉 奥歯でつかまえた

雨音が途切れたらそれぞれの雨のち晴れ
探しに行こう つないでた左手ももう自由だよ
水滴に反射する太陽が指す方へ
わたしがいて君がいる そんな当たり前の日々は
穴の開いたビニ傘と一緒に置いて行くよ
今 新しい空の下へ・・・

大人になるにつれて膨らんでく互いの夢
気付いたら1本の傘じゃもう入らなくなってしまってたんだね

給食のグリンピースを残して放課後まで泣いてた女の子が
いっぱしのこと言うようになったもんでしょ? 時間は流れているんだね

気付いたの長いこと雨宿りしていたんだ
優しく温かい「君」という屋根の下で
追いかけてた夢もすっぽかしちゃうくらいに
ドアの向こうすぐそこにそれぞれの雨のち晴れ
水溜まりはじけとぶ輪っかの数が減ってく
がんばってくるよ・・・

雨音が途切れたらそれぞれの雨のち晴れ
探しに行こう つないでた左手ももう自由だよ
水滴に反射する太陽が指す方へ
わたしがいて君がいるそんな温かい日々は
穴の開いたビニ傘と一緒に置いて行くけど想い出は消えないよ
いつまでもずっとずっと・・・
今 新しい物語へ・・・

50音・ABC検索


  • このエントリーをはてなブックマークに追加