太陽が真上に来るとき

アーティスト吉永小百合
作詞千野皓司
作曲黛敏郎
太陽が真上に来るとき
小さなつぼみが ほころびる
大きく息を弾ませて
夢を見るなら すてきな夢を
泥にまみれて 傷ついて
青春の夢が ちぎれても
消してはいけない 希望の灯
きっときっときっと すばらしい朝が来るんだから

太陽が真上に来るとき
みんなで咲かそう 幸せの花
口笛吹いて 手をひろげ
夢を見るなら 美しい夢を
さびしくなって 泣きたくて
青春の夢がかすんでも
捨ててはいけない あこがれの心
きっときっときっと すばらしい朝が来るんだから

50音・ABC検索


  • このエントリーをはてなブックマークに追加