7から8へ

アーティスト椎名もた
作詞椎名もた
作曲椎名もた
ある日の境目に立ちすくんで言った
このままどこか消えちまおうって
笑いながら立ってる君の耳には
聞こえもしないのに僕はそう言う

すると君が居たそこに限石が

くたびれた過去を言葉で綴った
それで何か満たせる気がした
腐れていくだけ腐れてるんだ
それでいいと決めつけで言う

やがて君が居たそこに僕だけが

痛みさえ言葉にして歌う僕がさ
疾しくて卑しく思えていたんだ

いずれここにいる理由を知るのさ

僕はまた嘘だけで作られた体で
これからは、なんて言ってみたりして
歌にさえ出来ないようなそれを信じて
掴むその手にあるのは誰の手か

50音・ABC検索


  • このエントリーをはてなブックマークに追加