雨の糸

アーティストザ・フォーク・クルセダーズ
作詞北山修
作曲加藤和彦
雨は絹の糸でした
白い白い絹の糸
雲の上に住んでいる
女神が織っていたという

ところがある雨の日に
悪い坊やがやってきて
女神が優しく織っていた
雨の糸を引っ張った

雨は切れて大空へ
虹となってかがやいた
雨の糸にからまって
女神は落ちて死にました

それから必ず雨の日に
悲しい冷たいものが降る
ガラスのようにキラキラと
輝きながら落ちてくる

それは死んだ女神を
愛した若い神さまの
絹の糸よりまだ白い
流す悲しい涙なの

50音・ABC検索


  • このエントリーをはてなブックマークに追加