泣かないで

アーティスト木根尚登
作詞木根尚登
作曲木根尚登
発車の合図が二人追い立ててる ドアが閉まる手を振っていた
またねという約束を乗せて 走り出す静寂の闇へと

イブが近づく東京駅 16番ホームに 夜を明かせぬ恋人立ち尽くす
見送るドアの向こうに 見送られて潤む瞳 コートに隠して指を絡ませた

泣かないで 泣かないで 涙はもう星にかえて
何時かきっと同じ夢のドア あけよう

記憶から零れるほど 思いで重ねたけど 遠くに住む寂しさは変わらない
夜毎愛を誓うたび 言葉はありふれてゆく 心をうばわれた詩人のように

追いかけて 追いかけて 探してる愛の景色
何時かきっと永遠の瞬間(とき)を越えて

泣かないで 泣かないで 涙はもう星にかえて
何時かきっと同じ夢のドア あけよう


せつなくて せつなくて 振り返り手を伸ばせば
掴めそうで 掴めない 風の行方

泣かないで 泣かないで 涙はもう星にかえて
何時かきっと同じ夢のドア あけよう

泣かないで 泣かないで 涙はもう星にかえて
何時かきっと同じ夢のドア あけよう

50音・ABC検索


  • このエントリーをはてなブックマークに追加