わかれの会話

アーティスト太田裕美
作詞松本隆
作曲筒美京平
夕立ちの窓に頬寄せる
君はもう少女じゃないね
昔なら稲妻光れば
ぼくの手に抱きついたのに

ひどいわ今も私の
くちびるはふるえているの
心の奥まで見透しそうな
あなたの瞳がとてもこわいのよ

あの頃の君はミニスカート
今よりも無邪気だったよ
亜麻色の髪にもパーマかければ
ほら色も褪せるさ

ひどいわ時が過ぎれば
人は皆変わるものだわ
ぜんまい仕掛の人形じゃない
涙も流すし胸も痛むもの

どう言えば君を傷つけず
この部屋を出てゆけるのか
お別れにくわえた煙草に
君の手で火をつけてくれ

ひどいわ愛の炎に
灯をともすマッチは無いの
あの日もこうして爪さきだって
くちづけしたのも遠い夢なのね

二人の間で小さく燃えた
心の炎をどうぞ消さないで

50音・ABC検索


  • このエントリーをはてなブックマークに追加