流れ花

アーティスト由紀さおり
作詞山口洋子
作曲鈴木淳
親も知らない この名前
"律子(りつこ)"と名づけた十八は
田舎から来て 間もなくて
お酒をつぐ手も ふるえてた

煙草する手も 口紅(べに)をひく
小指も女給(おんな)に なった二十(ころ)
好きで呼ばれた "マヤちゃん"と
ネオンにゆれる 紙人形

一生一度と 燃えた彼(ひと)
男ごころの冷たさに
嘘で終った あの恋は
"忍(しのぶ)"と言う名が のこるだけ

ついてないわと 占(うらな)いで
"真知子(まちこ)"と名づけて 銀座から
お店も変った X(クリス)マス
赤坂やっぱり 他人まち

あかい銀座の 灯の下で
淋しい青春(はる)が 過ぎてゆく
"加代(かよ)"と自分で つけた名は
一昨年(おととし)失くした 母の名よ

50音・ABC検索


  • このエントリーをはてなブックマークに追加