季節模様のセーター

アーティスト由紀さおり
作詞松山猛
作曲加藤和彦
秋のけはいがする頃に
さみしさ色の空を舞う
落葉のむれがセーターの
さみしいもようになりました
それは紅から金色へと
それは今日から明日へと

冬の静かな真夜中に
ひそひそ声で吹いてくる
小さな雪がセーターの
かなしいもようになりました
それは闇夜を白くそめ
それは明日から昨日へと

春をうつろう夜明け方
星降る音を聞きながら
抱いて眠ったセーターが
きれいな緑になりました
それは静かな春の夜の
それは夢かもしれません

50音・ABC検索


  • このエントリーをはてなブックマークに追加