新潮走る (第六高等学校寮歌)

アーティストボニージャックス
作詞宇野操一, 南総平
作曲不詳
新潮走る紅の
桜花咲く国なれど
春永久の春ならず
梢に咽ぶ風悲し
明治の大帝神去りて
世は暗澹の秋の暮

嵐の夜にも朝は来て
暁に鳴く鳥の声
新星途にまたゝきて
曙色杳む六稜に
大正の春明けくれば
健児の胸に希望あり

「混濁」よ それ人の世か
「紛乱」よ それ世の様か
されど悲歌せじ徒に
吾等の使命重ければ
まちさけび ょそ
市の叫を他所にして
永遠の理想に進まなむ

理想の園は遠くとも
輝く星の黙示あり
現世の濤は荒くとも
憂いを分つ友あれば
尊き天職を守りつゝ
八重の潮路を分けゆかん

50音・ABC検索


  • このエントリーをはてなブックマークに追加