アムール河の波

アーティストボニージャックス
作詞訳詩.合唱団白樺
作曲キュッス
見よアムールに 波しろく
シベリアの風たてば(風さわげば)
木々そよぐ川野辺に
波さかまきて(あふれくる水)
豊かに流る

舟人の歌ひびき
くれないの陽は昇る(陽は昇りぬ)
喜びの歌ごえは
川面をわたり(はるかな野辺に)
幸せつたえる

美わしの流れ 広きアムールの面
白銀なし(白銀なし)さわぐ河波
広き海めざし 高まりゆく波
白銀なし(白銀なし)さわぐ河波

自由の河よアムール うるわしの河よ
故郷の平和を守れ
岸辺に陽は落ち 森わたる風に
さざ波 黄金を散らす

平和の守り 広きアムール河
わが船はゆく しぶきをあげて
舳先に立てば 波音高く
開けゆく世の 幸せたたえゆく

ア・・・・・・
ア・・・・・・(風さわげば)
木々そよぐ川野辺に
波さかまきて(あふれくる水)
豊かに流る

50音・ABC検索


  • このエントリーをはてなブックマークに追加