潮風の招待状

アーティストAKB48(Team B)
作詞秋元康
作曲黒田賢一
海岸線を走る列車で
家族と向かった夏休み
長いトンネルを抜けた時に
麦わら帽子が飛ばされた

あの頃の絵日記を
開く度 思い出すよ
蝉の合唱と
壊れた扇風機

潮風の招待状
もらったよ
おばあちゃんの家まで
久しぶりに出かけよう
縁側に寝転んで
昼寝しよう

冷たい井戸の水に漬けてた
スイカは田舎の味がした
種の飛ばし方 見せてくれた
従兄の笑顔が懐かしい

浴衣着た夏祭り
綿菓子が好きだった
空に打ち上がる
大人びた花火

潮騒の招待状
聞こえるよ
入道雲の彼方に・・・
主のいない瓦葺き
石段に腰を掛けて
話しよう

海が見える丘で眠っている
今も おばあちゃんが
待ってくれてるようで・・・
悲しみは いつしか
美しい花になる

潮風の招待状
もらったよ
おばあちゃんの家まで
久しぶりに出かけよう
縁側に寝転んで
昼寝しよう

潮騒の招待状
聞こえるよ
入道雲の彼方に・・・
一人きりで出かけよう
喜んでくれるはず
よく来たねと・・・

大人になった私のこと
見守っていてね ずっと

50音・ABC検索


  • このエントリーをはてなブックマークに追加