釣り人の歌「誓いの一本竿」

アーティスト三浦慎也
作詞戸田昭吾
作曲植松伸夫
引きつ引かれつ 魚と俺と
むしろ釣られた 俺のほう
明日は大漁 夕日に誓う
空で笑うは はぐれカモメ

揺れる竿先
こいつぁでかいと腰を浮かすけれど
せつない 根がかり波止場
鯛や平目が 夢で舞い踊り

釣りってものは一本の、
竿のむこうにゃ魚が一匹、
竿のこっちにゃあほうがひとり。
そういうものだと人は言うが、
あほうでけっこう、釣り人生。
釣れなきゃあっしの、餌がなし。

沖つ白波 ちょいと眺むれば
釣られる運命のやつ跳ねる
こっちの水は甘いと誘う
空で息飲む はぐれカモメ

しなる竿先
ここで逃すは 末代の恥だぜ
いまこそ 一六勝負

折れた竿先
たぐる糸には ばかでかい獲物が
今夜は 舟盛り料理

50音・ABC検索


  • このエントリーをはてなブックマークに追加