去りゆく青春

アーティスト大江千里
作詞大江千里
作曲大江千里
ケロッカスが線路づたいに咲いている
低い空が地面すれすれに垂れこめて
油をひいた床板もまだ乾わかない内に
子供たちは いつこの想いに気づくのか

チョークの粉を手ですくったら
きっと許せる景色が今 見えてくる
頬をゆるめて習った教師の
肩はばをたどりたいけれど

帰りたいけど帰れない
去りゆく青春は
あのころきみはぼくより高かった
2cm早く日暮れに気がついた
ほこりを拭うぼくを遠くで
5年前のきみが見てる

仕事をかえて 暮らしをかえて きみに逢わぬよう
電話をかえて 上着をかえて 高さをかえた
カセットのつめ折ったくせさえ 忘れようとして
ひとり出歩く街は 冷たくさざなむばかり

届けたいけど届かない
去りゆくきみのもと
もうきみをつらくさせないよ
今ならきっとうまくやれるから
自分のことを決められなくて
もう悲しむのはよそう
もう悲しむのはよそう

戻りたいけど戻れない
去りゆく青春は
もうぼくを苛酷に置かないで
重ねた日々を不安にさせないで
きみによく似た人はいるけど
どうしてきみじゃないの
どうしてきみじゃないの

50音・ABC検索


  • このエントリーをはてなブックマークに追加