17℃

アーティスト大江千里
作詞大江千里
作曲大江千里
耳のうらに残るきみを消そうと
がむしゃらに駆け出したぼくさ
空車のTAXIと横降りの雨が
こびるような強がりを散らす

きみの前じゃ たちの悪いぼくさ
なんですぐに 憐れむような眼で
幾度も許すの

あれからぼくだけが違う夜を越えてる
あれからきみだけが近い夢を生きてる
ひきずるほど幼なくなる ぼくを汚(けが)して

リュックにこぼれそうな背中を張った
右向きの気丈さは嫌さ

あの日たしかエアコンが切れたね
少し冷えたきみを 悪そうに抱きしめたのさ

このままぼくだけが強くなれず眠(ね)れない
このままきみだけを深く想って眠(ね)れない
夢見たもの遠ざけずに歩いていて

あれからぼくだけが違う夜を越えてる
あれからきみだけが近い夢を生きてる
ひきずるほど見えなくなる ぼくを射ぬいて

50音・ABC検索


  • このエントリーをはてなブックマークに追加