真冬のランドリエ

アーティスト大江千里
作詞大江千里
作曲大江千里
雨あがりの国道はタールの臭い
君の背中を失う予感におびえ
遠く近く続く朝もやの中に
Ahぼくたちがいる
横顔にはいつだって顔色がない
君は打てないピリオド打とうとしてる
少しきつく抱きしめるとくずれそうさ
胸の奥がきしむよ

優しくすればする程 離せなくなる
いっそ深く傷つけてしまえるなら

真冬のランドリエに砂まじりの温風
ひざの上に停まればいい
たったひとり残されるぼくを案じないで
強がりでいいから ほほえんで

シーツの乾く間に夜が明ける
始発のベルがホームに響きわたる
幸せの数は いつも割り切れない
二度と恋などしない

遠くにいればいる程 近く感じる
思わせぶりな影でいられるなら

真冬のランドリエに砂まじりの温風
ひざの上に停まればいい
きっと今は消せなくて 君を憎んでいる
もうしばらく ここで見送るね
しばらく ここで見送るね

50音・ABC検索


  • このエントリーをはてなブックマークに追加