仲間

アーティスト環ROY
作詞Ryo Tamaki
作曲蓮沼執太
この前までは骨組みしか見えていなかったのに
いつのまにか完成してたガラス張りのビル
空まで伸びる
いくつもの四角い光溢れ出して街明り
四車線もある道路の上にまた道路
その脇の歩道を歩いてる
夜なのにこんなに明るくて
月の明かりなんていらないね
まるで誰かが言ったみたいだ
そんな気がしてふいに立ち止まった
うそみたいだな口癖がまた漏れてた
いくつもの光の流れが
その声をどこかにさらっていった

そこにいてくれたから
ここにいられるね
そこにいてくれるから
ここにいられるね

さらわれないような大きな声で
僕は呼ばれた「いくよ」
我に返って振り返ると
それが景色ぬりかえるよ

ビルと道路の狭間にはいつもの仲間
その人数分の影が
街灯の下で伸びてて思った「大丈夫」
酔っぱらってるからかな
あきれてるからかな
笑顔で立ち止まって僕を待ってる
その輪はとても暖かそうで
とても冷たい都会の
とても速い都会の
とても硬いアスファルトの上を
僕は足早に駆け寄ってた

そこにいてくれたから
ここにいられるね
そこにいてくれるから
ここにいられるね

あそこまではずっと
あそこまではきっと
一緒

50音・ABC検索


  • このエントリーをはてなブックマークに追加