砂金

アーティスト黒木渚
作詞黒木渚
作曲黒木渚
誰の言いなりか 歯向かいもせず
砂をすくっては ふるいに掛け
川の水の冷たさに 指の感覚は失われ 割れるような耳鳴り

もう駄目だ もうお終い 命さえ捨てましょう
溺れる事すら許さぬ 浅瀬にうずくまる

川底に光る一粒の砂金
川底に光る一粒の砂金

あなたの瞳に望みは無くとも救い出してあげよう
あの砂金が私を蘇らせた様に

砂金よ流れて渚へおいで
広く広大なこの場所では
誰もが自由だ

誰の安らぎか 慰め きれいごと
底の無い井戸は 波紋を知らない

真空のような悲しみは 貴方の鼓膜を殺した
逃げ道伝える前に

もういらない 声など 言えぬなら見せましょう
貴方のため 砂金集め作った砂時計

砂金は糸になり時間は落ちる
積っては裏返し 裂けた皮膚が戻るまで

私の望みが無謀だとしても泣きごとなど言わず
あの砂金が沈黙を守ったように

瞳よ鼓膜よ渚へおいで
強くたくましいこの場所では
誰もが自由だ

50音・ABC検索


  • このエントリーをはてなブックマークに追加