泣きながら微笑んで

アーティストAKB48(Team K)
作詞秋元康
作曲井上ヨシマサ
差し出したサヨナラを
掌で包んでくれた
やさしさが脈を打って
暖かくなる

風に舞う粉雪は
愛しさのように
溶けてしまうなら
ずっと このままで・・・

泣きながら微笑んで
あなたを見送りましょう
何度も立ち止まって
心配そうに 振り返るけれど・・・
泣きながら微笑んで
一人に慣れるまでは
ここから まだ 動けなくて
そっと 手を振り
小さくなる思い出の近くにいたい

強がりと泣き虫が
この胸で喧嘩をしてる
聞き分けのいい未来が
間に入る

木の枝にうっすらと
粉雪が積もり
それでも 消えない
愛のその重さ

どうすればいいのでしょう?
こんなに切ない時・・・
傘なら 差してるのに
頬を伝う 悲しみの雫
どうすればいいのでしょう?
心が震えている
一番 そう 大事な人
別の道へと
歩いて行く足跡が教えてくれる

泣きながら微笑んで
あなたを見送りましょう
何度も立ち止まって
心配そうに 握り返るけれど・・・
泣きながら微笑んで
一人に慣れるまでは
ここから まだ 動けなくて
そっと 手を振り
小さくなる思い出の近くにいたい

小さくなる思い出の近くにいたい

50音・ABC検索


  • このエントリーをはてなブックマークに追加