表裏の傷痕

アーティスト蟲ふるう夜に
作詞
作曲蟲ふるう夜に
踏み入れた木々の中
裏表は側にある
心配は要らないさ、
日が暮れる、帰りなよ。

傷付いた足の裏
泣く少女に夜は来る
・・・止めないさ?
本気なら
この右手を貸してやろう。

アダムとイブが
口にした林檎
その瞬間世界は、
大きな悲鳴をあげる
過去の世界は
今を見て泣いた。
花も木も

残酷だった

ああ
強く生きていけなかった
あの子は

記憶にそっと残すから

ああ
この腕で泣いていた
虫の声

記憶にそっと残すから

君の声も
君の匂いも
君の息も
君の温度も

50音・ABC検索


  • このエントリーをはてなブックマークに追加