Re-incarnate

アーティストみとせのりこ
作詞大嶋啓之
作曲みとせのりこ
脚を絡めとる 見えない枷
歩む爪先 迷わせる
低くわだかまる 暗い翳は
澱んだ雲のよう

耳に突き刺さる 言葉の棘
かき消すたび 繰り返す
鈍く胸を刺す 記憶はまだ
刃をなくさない

止まない雨に 閉ざされて
泥濘の中 喘いでも
その目に今強く描き出して
消せない心の色

もっと高く どこまでも高く
ひろがる空の あの青へ
心の奥 刻んだ望みを
果てない空に 解き放つ

もっと遠く どこまでも遠く
導く風の 呼ぶままに
胸に描く 白銀の翼は
千の傷跡も 超えると信じて

幾度のばしても 届かぬ腕
求める程 遠ざかる
答えの見えない 迷路の中
孤独に立ちすくむ

心に固く 抱きしめた
ただひとつの 強い願い
その願いが君を傷つけても
手放さないで
君が選んだ希望を

どんなに深い 暗がりの底で
腐蝕の雨に 穿たれて
羽は破れ 凍えるときにも
心の闇に 沈まずに

もっと高く どこまでも高く
まばゆい空の あの青へ
いつかきっと 辿り着く きっと
果てない空の その先へ

嘆きも過ちも絶望も
希望に 変えてゆけるなら
心の空 展かれた翼は
自分さえいつか 超えると信じて

50音・ABC検索


  • このエントリーをはてなブックマークに追加