エタニテ・グラニテ

アーティストじゃっく
作詞砂守岳央
作曲砂守岳央
雨に背中まで濡れて
心はまるで
壊れた玩具のようで

錆びついているねじまき
何度巻いてもカチカチ
虚ろな音がぐるぐる回って
ただそれだけ

誰かお願い
私を攫って頂戴
どこかで聞いた
お伽話のように

閉じこめて
籠の中
鍵をかけ さあ さあ
接吻て
誓う永遠
踊りましょう
ほら パ.ドゥ.ドゥ

街角から少女が消える
誰も誰も行方を知らず
雨音ばかりが
残った暗い街角

それはまるで古いお話
おとぎの国 真冬の野薔薇
それでも構わない
醒めないなら
お気に召すまま
私を奪って頂戴
そして優しく
こんな風に飼って

食べさせて
雪みたいに
甘やかな
黄色の花
口唇に
冷たい氷菓子
溶けていく
二人の間

消えた少女を誰もが忘れく
大丈夫 私は幸せに飼われてる

閉じこめて
籠の中
鍵をかけ さあ さあ
接吻て
誓う永遠
踊りましょう
ほら パ.ドゥ.ドゥ

50音・ABC検索


  • このエントリーをはてなブックマークに追加