ありふれた午後

アーティストジャンクフジヤマ
作詞藤木直史
作曲藤木直史
風に吹かれていつもの午後追いたてるように秋の足音
昨日にさよならするのは季節のせいさ
きつく抱いてよ細いその腕思い出したあの日のように

さみしい時は笑っておくれ街の色さえ変わって見える
僕らは大切な何か忘れているの
淡いあなたの温もりがほら僕の肩に今でも残る

信じて強くなれるよあなたのために
ざわめく街で飾り気のない二人で探した答えは
昨日のことも明日のことも一つだけでもいいんだ
ずっとあなたときっとあなたも二人の永遠見つけるほら・・・

50音・ABC検索


  • このエントリーをはてなブックマークに追加