Wandering Again

アーティストジャンクフジヤマ
作詞藤木直史
作曲宮崎裕介
寂しげな視線が輪郭をうつして夜の街目覚めはじめてる
行くあてもない人煙に消えたなら忍び寄る嘘にのまれる

吐き捨てるだけの生業は通りすがりに絡み寄生する
こうしている間に朝が来てしまえば何も
壊れやしない歪む心も

作り笑いうかベ ナイフ探すあいつ迂閉には近づけやしない
争いに疲れて逃げ出すだけのあいつ それもまた許される

自由という名の厄介な時間がやたら俺を苦しめる
ヒールにさえなれず今も彷徨って何も
掴めやしないビルの隙間で
終わることない深い溜息

信じ合えた遠い日々を苦笑い持て余す
冷えきった喉の痛みで白くむせぶ

くだらないしがらみの中で泳ぎ覚えたばかりの少年
いつしか荒れ狂う波にのまれたら闇に潜む

自由という名の厄介な時間が青色影に突き刺さる
囃んだ口に縛られる俺たちの居場所
わかりはしない何処にあるのか
光失い渇く心も

50音・ABC検索


  • このエントリーをはてなブックマークに追加