キックベースは終わらない

アーティスト石風呂 feat.ゴム
作詞石風呂
作曲石風呂
そろそろ蹴球も飽きてきたとこだし
別の遊びをしてみようぜ
あの植え込みが一塁だとか
「透明」だとか
ローカルルール駆使していこうぜ

Monday,
僕ら、少し退屈で
飛ばないボールはすぐに捕まって
Tuesday,
少し風が冷たいかな
けれど
どうせなら塀の向こうを狙おう

キックベースは終わらない
少年は秋を感じている
地面に落ちていく影を眺めているよ
宿題も終わらない
けれどそんなこと忘れて
大きめのボールを僕は
ただ蹴り飛ばすのさ

好きなバンドが
メジャーで出したセカンドアルバムの
7曲目を聴きながら
少し休もうぜ

Wednesday,
僕ら、寒くなくなってく
試合は佳境に差し掛かっている

キックベースは終わらない
少年は飽きを感じない
気付けばボール以外見えなくなっているよ
だからこそ気付かない
人数が増えていることも
秋のすきま風
少年と遊びに来たよ

ボールは空を舞う
彼らは夢中で走っている
けれども気付かんはずがない
終わりたくないからさ
まだ終わらせない

キックベースは終わらない
少年は秋と空を見る
くだらん毎日を
僕は生きているよ
太陽が沈んで
選手の数も減っていってる
名前も知らんけど
お願い、もう少しここにいて!

キックベースは終わらない
少年の涙だけ

キックベースは終わらない
少年は秋を感じている
公園の木々の葉は
赤く紅く散っていくよ

50音・ABC検索


  • このエントリーをはてなブックマークに追加