鏡音八八花合戦

アーティスト鏡音リン・レン
作詞にれぎる
作曲佐渡屋仁兵衛
菖蒲、柳、みよしの めくるめく季節の風物詩
江戸の蜜から蜜へ渡るおいらには紅が似合う

一目惚れたら最後たっぷりと色を付けてあげる
札付きの賭場荒らし挑む輩には容赦なし

目と目で交わす愛嬌は (嗚呼 恋仲だったなら)
余興猿芝居 (色づく花言葉)
さぁさ幕が開く (いざ尋常に)
熱いこの血潮で!

吹けよ花の嵐今宵濡れ手で粟の浪漫!
神様如何様の影を背に花札は真っ盛り

蛇の目くるりと回す月も濡れ霧に霞む桜
願い事したためて結ぶ菊に青短が揺れる

隠す本音と裏腹に (嗚呼 想いは重なれど)
二人茶番劇 (修羅場に情けなし)
さぁさ幕を切れ (断ち切れるか)
滾るその血潮で!

五光猪鹿蝶指先も鮮やかな十八番!
乾坤一擲の火花散る刹那こそ酔いしれる

今局は大詰め金子咲く花札の乱舞!
神様如何様の影を背に純情は花盛り

50音・ABC検索


  • このエントリーをはてなブックマークに追加