地獄

アーティスト髭(HiGE)
作詞須藤寿
作曲宮川トモユキ, 斉藤祐樹
地獄
俺は狡猾で用心深い魚
センター街を BPM220でぶっ飛ばす
過剰はいつだって不幸の素さ
キミの羽音が聞こえる
緩急、序破急、起承転結
次の交差点が僕らのバニシング・ポイント

誰かさんの優しい笑顔が思い浮かぶ
その時、僕のペニスはマテリアリズムの権化と化した
僕の考える2つのこと いや、3つのこと
それは可もないし不可もない
留まることを知らない雨は僕の身体に降り注ぎ、
何とも言いようのない疲労感を与えてくれる

自分で限界を決めないっていうのが良いよね
ボリュームはすべてゼロ
陶酔の奥の自由な欲望
ノスタルジック、要するに地獄
見覚えのある地獄
僕らはバカなバブル
些細なボタンの掛け違いが悪意になりえる僕たちの危うい日常
つまり地獄、

ここが地獄

波紋はやがて闇へと変わる、地獄
鮮やかに染まる最後の地図、地獄
キャンパスに落ちる黒い絵の具、地獄
届きそうもない救いの手、地獄

つまり地獄

50音・ABC検索


  • このエントリーをはてなブックマークに追加