アーティストBluem of Youth
作詞Wind synth, Yuji Bessho
作曲HIROYUKI MATSUGASHITA
並木道の風 黄色い楓が
鮮やかに街を手形で染めてく
枯れ葉と乾いた靴音 季節は
過去をめくるように静かに揺れてる

失敗など恐れず手を伸ばしてた それが希望つむいだ架け橋
自分の影 暗闇で探すように 迷いながらも明日を信じていた・・・

いつか辿り着きたい夢の場所とは
どんな悲しい日でも消えたりはしない
掌に舞落ちたこの楓は
少しでも遠くへと 願い重ねた小さな夢の種

後ろ手に組んで見上げた想い出
あの雲のように届きはしないさ
僕らが背伸びで映した景色は
抱きしめる度に胸が苦しい

何度風に憧れ託してきたの 降り積もった心を放てば
今日を生きる言葉も知らないけど 踏み出したなら
戸惑い消えていた

笑顔の奥 流れるその涙は
どんな後ろ姿も見つめているから
落ちてゆく翼には祈りの影
傷ついた腕広げ まだ見ぬ大地羽ばたく夢の羽根

足をすくませた君 その手につなぐ想いは
チイサナイノチノナマエ 幸せはいつもさりげなく側で

いつか辿り着きたい夢の場所とは
どんな悲しい日でも消えたりはしない
掌に舞落ちたこの楓は
少しでも遠くへと 願い重ねた小さな夢の種

50音・ABC検索


  • このエントリーをはてなブックマークに追加