影踏み

アーティストnano.RIPE
作詞きみコ
作曲きみコ, 佐々木淳
きみと目が合うたび赤く染まる頬を沈みかけたオレンジのせいにした
夢のような今を少しも色褪せずにココロにしまっておけたらいいな

細く長く伸びたふたつの影 まるで絵に描いたような夕暮れに
おかしなポーズを映す帰り道 笑い声こだまする

細く長く伸びたふたつの影 重なった手と手が照れくさくて
影を踏まれたら負けなんて 言い訳に走り出す

きみと目が合うたび赤く染まる頬を沈みかけたオレンジのせいにした
夢のような今を少しも色褪せずにココロにしまっておけたらいいな

花のような夕焼けは世界を染めて流れ続ける時間に記しをつけた
一秒ごとに変わりゆくココロだからきみが笑う瞬間を見逃さぬように

長く伸びた影も赤く染まる頬も繋いだ手の温度もそのチカラも
今ココにあるすべてを少しも色褪せずにココロにしまっておけたらいいな

きみのココロに棲む影をひとつひとつこの足で踏みつけてゆきたいから
季節がまた巡ってもふたつの影はずっと隣り合っていられたらいいな

50音・ABC検索


  • このエントリーをはてなブックマークに追加