アーティストオリヒメヨゾラ
作詞織姫よぞら
作曲Zeal Blood
過ぎてく季節が今日も 私を切り裂く
冷たい手を握りしめ
別れを告げていった

ミルクを飲み干して 腰をかんで
止まった夢のあと かすんでいく
揺れてる隙間から止まっていた
ふたりの時間が加速した

もう、戻れることはない
嬉しそうに笑い合うことも
歌うだけじゃ意味がなくて
届かない声をそねむ

片目を閉じて見た世界は
切なく歪んでいたから
私は此処でまってる

はしゃぐ度 軋む躰 刹那のため息
紅い棘を少しづつ 指から溶かすように
堕ちゆく天使たち 彷徨う声
目覚めることのない私を呼ぶ
口唇委ね 足を絡めあう
あの日の約束 遠い朝

星の波に攫われた
悲しくて苦しくて寂しくて
当たり前だった毎日に
私からサヨナラした

幻の時間-トキ-が壊れて
雪のようにとけたとしても
私は此処で待ってる

もう、戻れることはない
嬉しそうに笑い合うことも
歌うだけじゃ意味がなくて
届かない声をそねむ

片目を閉じて見た世界は
切なく歪んでいたから
私は此処で待ってる

50音・ABC検索


  • このエントリーをはてなブックマークに追加