サ・ヨ・ナ・・・ラ

アーティストKOTOKO
作詞KOTOKO
作曲井内舞子
肩を並べた二人の脳裏に
四つ目の文字 浮かんでた
アァ・・・

出会いは雪の結晶そっと払う歩道
凍える頬に一瞬 点火された気がした

そのまま迎えたChristmas Eve
街はまるでケーキの国みたいで泣けた
"今日のために生まれた"
身体中でそう告げた

溶けてゆく雪の 甘い香りと 温もりにただ夢を見て
永遠にも似たベルの音色に"魔法ではない"と信じた
「どうしたの?泣いているのかい?」
そう動いて頬撫でた唇が
今・・・

桜は舞い春も麗ら コート脱いだ
繋いだ手の汗に少し照れた夏空

夜風に淋しくなるよ
遠くなってく夏草と花火の匂いも
冷めてゆくアスファルト
季節は止まらない

落ち葉のように乾いてゆくのも 流れる時のせいにして
愛しすぎた肩越しの景色も セピア色に支配された
どうすれば その色を見ず
ずっと二人 変わらずに居られるの・・・だろう?

もうすぐ街も空も凍てついて 淡雪色に消されてく
肩を並べた二人の脳裏に"サヨナラ"だけが降り積もる
結晶が落ちては消える
その向こうで優しかった唇が
今・・・ サ・ヨ・ナ・・・ラ
アァ・・・

50音・ABC検索


  • このエントリーをはてなブックマークに追加