甘夏白書

アーティスト末光篤
作詞末光篤
作曲末光篤
振り返る様が眩しいから
一瞬まぶたを閉じたけど
目を離すと消えてしまいそうで
後悔しそうなオレンジの午后

「みんな嘘」なんて急に幼い声で
ひどく揺らさないで

君を見て
君を見つめて
永遠に失うもののように

君を見た
君を見つめた
衝動でもいい
刹那でもいい
君を抱きしめたいだけなのに

街中の音が途切れた隙に
耳打ちする距離で呟いた

「愛してる」古い言葉
困らないで 3秒間の空耳

君を見て
君を見つめて
永遠に失うもののように

君を見た
君を見つめた
衝動でもいい
刹那でもいい
君を抱きしめたいだけなのに

いたずらな風
柔らかな光
額の傷に指先が触れた

君を見て
君を見つめて
永遠に失うもののように

君を見た
君を見つめた
衝動でもいい
刹那でもいい
君を抱きしめたいだけさ

僕を見て
僕を見つめて
永遠を掴んだ愛のように

君を見た
君を見つめた
衝動でもいい
刹那でもいい
傷付けてもいい

君が欲しい

50音・ABC検索


  • このエントリーをはてなブックマークに追加