こども白虎隊

アーティスト水木一郎, 水府流少年吟詠団
作詞丘灯至夫
作曲足立修
花と咲く身の 少年が
ちからの限り 身の限り
いくさ破れて たどりつく
飯盛山に 秋の風 秋の風

父もたおれて 兄もまた
やさしき母も いまいずこ
小手をかざして 眺めれば
炎がつつむ 天守閣 天守閣

南鶴ヶ城を望めば 砲煙あがる
通哭 涙を飲んで 且つ彷徨す
宗社亡びぬ 我が事終る
十有きゅうし はらをほふって たおる

さらば さらばと 松風に
散りゆく姿 花の顔
いまもその名を 世に残す
あわれ 会津の白虎隊 白虎隊

50音・ABC検索


  • このエントリーをはてなブックマークに追加